引越シークなら
引越し業者
【最大10社】に一括見積り!

引越し業者一覧・引っ越し一括見積もりの引越シーク。
全国から厳選した評判の高い引っ越し業者が勢ぞろい!

「引越しノウハウ」や「引っ越しやることリスト」を
活用すれば、単身の引越し手続きも簡単。

通常の価格相場と比較して格安料金を提示してくれる
お近くの引越し業者【最大10社】へ一括見積もり!

  • アート引越センター
  • ダック引越センター
  • アーク引越センター
  • ハート引越センター
  • サカイ引越センター
  • アリさんマークの引越社
  • クロネコヤマト引越センター
  • ファミリー引越センター
  • SGムービング
  • 日本通運
見積GO! Page TOP

人気!引越し業者一覧

アート引越センターアート引越センター

引っ越し業界のパイオニアとして、様々な無料の新サービスをこれまでに展開。
段ボール引き取り、家具移動、引越し諸手続き代行、作業員による家具清掃、作業前に新しい靴下に履き替えるクリーンソックスサービスなどが大好評。

アリさんマークの引越社アリさんマークの引越社

オリコン主催の『顧客満足度の高い引越し業者ランキング』にて、3年連続1位を受賞!その要因は、徹底した社員教育制度。全ての作業員が『身元保証人付き従業員証』による名前の開示を行うことで、責任感をより高めている。

サカイ引越センターサカイ引越センター

平成19年3月に東証・大証1部上場した大手引っ越し会社。
「国際品質規格ISO9001」と「国際環境規格ISO14001」も取得し、安さだけではなく質の高いサービスをご提供。

日本通運日本通運

おなじみ日本通運の引越しサービス。当社オリジナルの『えころじこんぽ』で使う資材は、繰り返し使用できる反復素材を採用。これにより引越しコスト・作業時間・ゴミの削減を実現し、お客様からも大好評。

ダック引越センターダック引越センター

引っ越しトラックは約1700台を保有し、全てカーペット内張りの全天候型アルミパネル車を採用。
1968年創業時から培った荷物梱包・建物保護の引越しノウハウや、スタッフマナーなど評判も高い。

アーク引越センターアーク引越センター

大手不動産会社・ハウスメーカーから多くの推薦・推奨をされている引っ越し業者。
万一の場合の保険(※アーク負担)により総額1,000万円、1梱包30万円までの補償を完備。

クロネコヤマト引越センタークロネコヤマト引越センター

宮内省ご用達運送として引っ越し業務を開始してから85年。
これまで全国で毎年50万件の引越しサービスを提供。
「クロネコ品質」をモットーに、引っ越し専門スタッフが安心のサービスをご提供。

ハート引越センターハート引越センター

リサイクル事業も強化しており、引っ越し時の『不用品無料引取り』や『本・CD買取』が大好評。
2008年度より、天然ガスを燃料とするトラックを導入しており、エコ活動にも積極的。

ファミリー引越センターファミリー引越センター

浦和レッズのオフィシャルパートナーを務める引っ越し業者。
予算や引越し人数など、様々なニーズにあわせた
格安引っ越しプランを多数ご用意。

SGムービングSGムービング

宅急便でおなじみの佐川急便が展開する引っ越しサービス。
単身・ファミリー別に荷物量に応じたバリエーション豊富な引越しプランをご用意。
安さだけでなく、スピード・品質にも定評あり。

お近くの引っ越し業者最大10社
無料一括見積もり!

お近くの引越し業者(最大10社)から、まとめてお見積りが届きます!
あとはその中から、格安料金を提示してくれた引っ越し会社を選ぶだけ!
単身の引っ越しにも対応しているので、忙しい方にも安心です!

現住所の郵便番号  ‐ 
引越先の都道府県
引越タイプ
ブックマーク

引越しノウハウ

こんな悪徳引越し業者に気をつけて!

「標準引越運送約款」を提示しない

引っ越し業者は見積もりの際に、国土交通省が制定している「標準引越運送約款」の提示義務がありますので、必ず確認しましょう。

標準引越運送約款
 
手付金・内金などを求めてくる

内金・手付金などは「標準引越運送約款」において禁止されております。

悪徳な引っ越し業者はキャンセル防止のために、引越し見積もり時に「手付金・内金」という名目で引っ越し費用の一部を支払わせることがありますのでご注意を。

ただし、引越し料金の「前払い」は違法ではありませんのでご安心を。

手付金・内金
 
引っ越し会社のトラックのナンバーが「白色」だった

悪徳引っ越し業者か否かは、まずトラックのナンバープレートの色で判断できます。

通常は緑色の一般貨物自動車運送事業者用のナンバープレート、もしくは黒色の貨物軽自動車運送業事業者用のナンバープレートのどちらかです。

これ以外の色のナンバープレートは基本的に違法ですが、陸運局の許可がおりていれば問題ありません。(念のため許可証の提示をしてもらいましょう)

もし、上記のような違法引越業者を利用してしまった場合、なにかしらのトラブルが発生したとしても補償を受けられません。また、利用側も違法となるのでご注意を。

ナンバープレート
 

引越し見積もりチェックポイント

見積書?契約書?

見積書を提示されたら「契約書」でないことを必ずチェックしましょう。

もし「契約書」の場合、お断りするとキャンセル料が発生する場合もあるのでご注意を。

なるべく即決はせず、複数の引越し業者の見積もりを比較して決めましょう。

見積書・契約書
 
引っ越し日時

引越し会社によっては、少しでも安い見積もりを提示するため「フリー便」(時間指定なし)になる場合があります。

フリー便の場合は、引っ越し前日の「夕積み・宵積み」になったりする場合もありますので、しっかり確認しましょう。

引越し日時
 
引越しスタッフの人数・トラックのサイズ

引っ越しの見積り金額は「日時、作業時間、立地、条件、オプション」など様々な要因で決まりますが、なかでも「引越しスタッフの人数」と「トラックのサイズ」が大きな比重を占めます。

よって、この2点については複数の引っ越し業者と見積もりを比べる際に、相違がないよう注意しましょう。

引っ越しスタッフ
 
オプション作業

荷造り、梱包、不用品処分、ピアノ輸送、電気工事などが基本的にオプション作業になりますが、引っ越し業者やプランによって基本作業の範囲も異なりますので注意してください。

ピアノ輸送
 
損害保険

万が一引っ越し作業中に破損・紛失トラブルが発生した時のために、引越し業者が損害保険に加入しているかをチェックしましょう。

チェックすべき項目は「保険会社名、掛け金、保険料、補償内容」などです。

損害保険
 
総額費用

最終的にはこの総額費用で、複数の引っ越し業者の見積もり額を比較しますが、大前提として上記の諸条件が同じでなければ比べようがありませんのでご注意を。

引越し費用
 

引越し料金の算出方法=実費(人件費等)+時間・距離+オプション

実費(人件費等)

実費とは、『人件費』(引越しスタッフ人数分の給与)、『梱包資材費』(段ボールなど)、交通費(ガソリン、高速代)の3点を合計したものです。

実費
 
時間・距離

国土交通省や引っ越し業者の約款で定められている『基礎運賃』は、以下の2つの算出方法があります。

時間制
「4時間」or「8時間」の移動時間における料金設定がされ、1時間超過ごとに追加料金が発生します。
距離制
基礎距離を100km(軽貨物業者は30km)として料金設定がされ、距離が超過すると追加料金が発生します。

これ以外に、トラックのサイズも基礎運賃に関連してきます。

基礎運賃
 
オプション

主なオプションは以下のとおりです。

  • 不用品処分
  • ハウスクリーニング
  • エアコン脱着
  • 自動車・オートバイの運搬
  • ピアノ搬送
オプション
 

引越し料金を格安にする秘訣

長距離引越しの場合
帰り便
他の引っ越しが終了した後の空のトラック、引越しスタッフをそのまま活用するサービスなので、燃料費・人件費を効率化できるため、引っ越し費用が格安になります。
そのため、引っ越しスケジュールは完全に引越し業者任せになります。
混載便
同じ方面へ引っ越しする他の世帯とトラック・引越しスタッフをシェアするサービスのため、引っ越し料金も格安になります。
ただし、同じ方面の引っ越し客が他にいなければ実現できないため、スケジュール調整は引越し会社任せになります。
帰り便・混載便
 
近距離引越し or 単身引越し or 荷物が少ない場合
フリー便(近距離 or 荷物が少ない)
引っ越し業者は、時間帯を次の3つ「午前便・午後便・フリー便」に分けています。
フリー便は、明確な時間帯を決めずに当日の引越し会社側の都合のよい時間から開始するので、午前・午後便に比べ格安ですが、ほとんどが遅い時間帯です。
チャーター便(単身引越し or 荷物が少ない)
引っ越し用のトラックとドライバーのみ(=輸送のみ)のサービスです。
搬入・搬出等の人手については友人・知人などにお願いできるようであればオススメです。
フリー便・チャーター便
 
引越す日がいつでも大丈夫な場合
平日にする
人気の土日より、平日の方が圧倒的に引っ越し費用が安いです。
繁忙期を避ける
2~3月は新学期・新年度などの時期になるため、繁忙期となり引越し料金が高めです。可能であれば避けましょう。
日取りの良い「大安」も引っ越し費用が割高になる傾向があります(引越し会社により異なります)。
カレンダー
 

破損しやすい荷物

ノートPC

ノートPCで厄介なトラブルは「内部データの故障」ですが、これは補償対象外なので予めバックアップをとるか、自分で運びましょう。

ノートPC
 
ドラム式洗濯機

引越し時の振動でドラム部分が破損する危険のあるドラム式洗濯機は、輸送用専用ボルトネジで固定する必要があります

多くの場合、ボルトは引っ越し業者が用意しておりますが、念のため確認しましょう。

ドラム式洗濯機
 
液晶テレビ

液晶テレビは画面がデリケートなため、引越し作業時に破損しやすいので、液晶テレビ専用の梱包材などがあるか引っ越し業者へ確認しましょう。

万が一破損した場合でも、基本的には法律上、引越し業者側が損害賠償することになっております。

液晶テレビ
 

引っ越し業者が「運べない」荷物

現金や貴重品(宝石貴金属・預金通帳・各種カード・印鑑等)、ピアノ、美術品、骨董品、ペットなどは、国土交通省が制定している法律上、引越し会社は引き受けを拒否することができます。

これらの荷物がある場合、引っ越し業者が見積もりにきた際に確認をしましょう。

貴重品
 

引っ越しやることリスト

1ヶ月前~1週間前

市区町村役場への届け出
転出届(※他の市区町村へ引っ越す時のみ)
引っ越し先の市区町村に「転出証明書」を提出しないと、転入手続きができません。
「転出証明書」は引越し前の市区町村に発行してもらいますが、手続きとしては引っ越し当日~2週間前までに「転出届」を提出します。
この時必要なものは、印鑑、顔写真付きの身分証明書(運転免許書やパスポート)、国民健康保険(加入者のみ)と引っ越し先の住所です。代理人でも手続き可能です(要委任状)。
転居届(※同一市区町村内に引っ越す時のみ)
引越し先に住み始めた日から2週間以内に「転居届」を提出します。
市区町村役場
 
電話・インターネット・郵便・電気・ガス・水道
電話・インターネット
ご利用の通信会社へ早めに連絡して、旧居・新居両方の手続きを済ませましょう。
郵便局
最寄りの郵便局へ「転居届」を提出すれば、旧住所から新住所へ郵便物を1年間無料で転送してくれます。
電気・ガス・水道
電力会社、ガス会社、水道局へ早めに電話連絡をし、旧居・新居両方の予約手続きをします。
住所変更
 
粗大ゴミ・転校・その他の手続き
粗大ゴミ
市区町村役場へ回収依頼(日時予約)をしましょう。なお、引っ越し会社が別料金で持ち帰ってくれる場合もあるので確認しましょう。
転校
引越し先の学校へスムーズに転校できるよう、できれば1か月前には引っ越し前の学校へ連絡しましょう。
その他に必要な届出
携帯電話、銀行、カード会社、保険、新聞、NHK、自動車ディーラー・・・引越しでやることは人によって様々です。早い段階で手続きを済ませましょう。
粗大ごみ・転校
 

1週間前~前日

引っ越し当日に必要なものを準備

当日は滞りなく引越し作業が進むよう、以下を準備しましょう。

マスク、タオル、軍手、エプロン、スリッパ、はきやすい靴、帽子(バンダナ)、家具配置図、飲み物、ぞうきん、バケツ、ゴミ袋、カッター、ハサミ、現金、挨拶ギフト

掃除セット
 
新居の家具・荷物配置図を用意

引越し当日に、引っ越し業者が新居でスムーズに家具・荷物(段ボール等)を搬入・設置できるように配置図を用意しましょう(引っ越し会社分も)。

配置図の各部屋ごとに番号を振り、段ボールなどに部屋番号を記載しておけば、どこに配置すればよいか引越し業者へいちいち指示する必要もなくなるので便利です。

引越し配置図
 
引っ越し当日用の現金を準備

引っ越し作業終了後の引越し費用の支払いは基本的に現金の場合が多く、また思いがけずオプション支払いが発生することも考えられます。

思わぬ出費等で、慣れない新居先で慌ててATMを探したりすることがないよう、現金だけは余裕をもって準備しておきましょう。

現金
 
引っ越し先での挨拶ギフトの準備

引越し当日は、引越し作業等でご近所にどうしてもご迷惑をかけてしまいます。

できたら新居に到着後すぐにご挨拶に行けるように、挨拶ギフトは早めに準備しておきましょう。

引越し挨拶ギフト
 
洗濯機と冷蔵庫の準備

洗濯機と冷蔵庫は、当日水漏れなどしないよう、必ず前日に以下の準備をしてください。

洗濯機
本体と排水ホースから完全に水抜きをしましょう。
冷蔵庫
電源プラグを抜いて霜取りをする。
洗濯機 冷蔵庫
 

引っ越し当日

作業開始前に引越し業者と綿密な打ち合わせを

トラックが到着したら、引っ越しスタッフの責任者と綿密な打ち合わせをしましょう。

用意した「家具・荷物配置図」などをもとに、役割分担や順番・スケジュールを確認し、特に大型家具などの搬入方法は新居に着いた時に状況を見て決めましょう。

打ち合わせ
 
作業終了後の確認
ダンボールの処分
使い終わった段ボールは、引っ越し業者が後日引き取ってくれます(※要料金確認)ので相談してみてください。
荷物の忘れ物チェック
旧居のベランダ、クローゼット、郵便ポスト、自転車置き場などに忘れ物がないか、新居ではトラックの荷台に荷物が残っていないかをそれぞれ入念に確認しましょう。
引越し料金支払い
引っ越し作業が全て完了したら、最後に料金を支払います。
滞りないよう予め現金を用意しておきましょう。後々のために、領収書を忘れずに。
引越し支払い
 
ご近所への挨拶

予め用意しておいた挨拶ギフトを持って、できるだけ当日中にご挨拶にいきましょう。

引越し挨拶
 

引越し後

転入届or転居届を市区町村役場へ提出
他の市区町村からの引越し
転出証明書を携えて「転入届」を提出します。
同一市区町村内での引越し
「転居届」を提出します。
転居届 転入届
 
住所変更・その他

引っ越し後は速やかに、運転免許証、車庫証明、自動車・バイクなどの住所変更手続き等を行ってください。

運転免許証
 
引越し挨拶状

職場同僚・友人・知人へなるべく1ヶ月以内に送りましょう。

引越し挨拶状
 

よくある質問

『引越シーク』の利用は無料ですか?
当サイト『引越シーク』は、完全にご利用無料です。費用は一切かかりません。
無料
引っ越し業者が多すぎて、どこに頼めばいいか迷っています。
引越し業者は、全国に3000社以上あるといわれています。
この中から条件にあうところを探すのは至難の業です。
そこで本サイトでは、特に人気の引っ越し会社ランキングと、各エリアごとの引越し業者一覧から比較・検索ができ、引っ越し一括見積もり(最大10社)も可能なので、迷うことはありません。
引越し業者全国に3000社以上
引越し日や荷物量など、諸々条件がまだ決まってませんが、それでも一括見積もりは可能ですか?
お引っ越しの際の諸々条件などは、まずお見積もりを取ってからでないと逆に決まらないものです。
よって、まずはお見積りフォームから最低限(必須項目)のみ入力し、お気軽に引越し一括見積もりをしてみてください。
引越し一括見積もり
一括見積もり依頼が完了後、すぐに各社から回答がきますか?
また、この時に提示された見積り額で決定してしまうのでしょうか?
即日~2日以内に、メールまたはお電話にてお近くの引越し業者からお見積りのご連絡をいたします。
この時に各社から提示されるお見積もり額は、引っ越し業者を比較する上での参考金額としてお考えください。
最終的には『訪問見積もり』を必ず依頼し(※)、その後に提示されたお見積りが正式なものとなります。
(※電話・メールのみのやり取りだと、実際の荷物量と食い違うケースが多々あるため、最終的なご請求額も変わる場合があります。)
訪問見積もり
引越し会社に運んでもらえない荷物ってありますか?
貴重品や高価な物品、危険物(灯油等)は基本的に運んでもらえませんが、自動車・オートバイ・ピアノなどの重量物であれば、別送サービスをご用意しているところもあります。
お見積り時に確認してみましょう。
なお、デジタル機器(PC等)は内部データ損傷の場合、補償対象外となるため、バックアップしておくことをおすすめします。
要チェック
曜日や時期によって引っ越し費用は変わりますか?
ニーズの高い日曜・祝祭日や、3月下旬などの繁忙期は引っ越し費用が必然的に割高になります。
費用を優先されるようでしたら、これらの時期を除いた平日がねらい目です。
平日
契約時に『内金・前受金・手付金』等を支払う必要はありますか?
全日本トラック協会(引っ越し)が制定した標準引越運送約款で定められております。
予約・仮契約を名目とした『内金・前受金・手付金』等は、契約時に請求する事を禁止されてるため、支払う必要はございません。
手付金禁止
やむなく直前にキャンセルする場合のキャンセル料は?
キャンセル料については『引越しの2日以上前のキャンセル』であれば、基本的にかかりませんが、次の場合は発生しますのでご注意ください。
『引越し前日⇒料金の10%』、
『引越し当日⇒料金の20%』
(※延期の場合もキャンセルに含まれます。ご注意ください)
キャンセル
引っ越し費用はどのタイミングで支払えばよいですか?また、クレジットカードで支払えますか?
お支払は後払い(新居への引越し完了後)が一般的ですが、旧居での積荷前の場合もあります。詳細は先方へご確認ください。
また、クレジットカードでのお支払については、大手の引っ越し業者であれば中小と比較して概ね対応しておりますが、予めご確認ください。
引越し費用
不用品(家電製品等)は処分してもらますか?
また、引越し当日にお願いした場合でも対応してもらえますか?
一部の家電製品(テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)の場合、家電リサイクル法の対象となるため、処分してもらえないことがあります。
引越し業者によって対応が異なるため、訪問見積り時に確認しておきましょう。
また、引っ越し当日に不用品の処分を依頼しても、対応不可か、対応可能でも別途料金が発生するため、急な依頼がないよう予めよくチェックしておきましょう。
不用品処分